リサイクルトナーとは

リサイクルトナーというのは使用したトナーカートリッジに再びトナーを入れて、利用できるようにして売り出されるトナーカットリッジのことを言います。
リサイクルトナーは再生トナーとも言われ、インターネットで調べるとさまざまなショップがあることがわかります。

リサイクルトナーが日本国内で導入されたのは、2000年の循環型社会形成推進基本法の施行以降とされています。
再資源化には3R(リデュース、リユース、リサイクル)といった意味合いがありますが、リサイクルトナーはリユースに該当します。
リサイクルトナーは効率のいい使われ方をすることで、環境にもいい影響を及ぼします。
そのため、社会的に推進されており、さまざまな企業が参入しています。
リサイクルトナーは純正トナーを販売している機器メーカーが廃棄するはずのものを、回収して利用します。
リサイクルトナーは何度も再利用されるため、品質の面や安全性の面でなんらかのトラブルが生じることがあるということも知っておく必要があります。

トナー全体を見るとモノクロと比べて、カラートナーは使用されにくいとされています。
カラートナーはモノクロのものよりも高めの値段設定で、購入にいたらないことが多いというのがその理由です。
しかし、リサイクルトナーであれば比較的安価で購入できるため、カラートナーを購入する場合はリサイクルのものを選ぶという人は少なくありません。
当サイトではリサイクルトナーのメリットやデメリットなどについて紹介します。



▼関連情報
一年間の品質保証をしているリサイクルトナーカートリッジ専門店です ... リサイクルトナーカートリッジ